精力剤としてのシトルリン

シトルリンはアルギニンの前駆物質ですが、シトルリンはエネルギーの元にもなるようで、ATP、AMPも作られます。


強く柔軟な血管のためのアミノ酸ということは、シトルリン→アルギニンへと代謝されて、アルギニンとしての作用として血管拡張、血管を柔軟にするということが効能ということになりそうです。


また、アンチエイジング対策、動脈硬化予防はもちろん、アルギニンと同じ作用が期待できるので、血管拡張と血流改善、一酸化窒素の血中濃度を高めるということは、男性生殖器の血流を良くするということで、機能改善(ようするに勃起力アップ)ということにもつながりそうです。また筋力アップにも効果があるようです。


きゅうりやスイカに多く含まれるようですが、純粋なアミノ酸として摂取するために、サプリメントとして摂取することで、多大な効果が期待できるかもしれません。末梢血管まで広げると言われているので、筋力もアップします。


勃起力アップのためのサプリとして、L-アルギニンとL-シトルリンを含む商品が売られています。運動後の尿酸を排出する作用もあり、激しい運動のあとの疲労物質を排出させ、運動後の排出に効果があります。


アルギニンにも共通して言えることですが、性機能の回復と、性欲増進にも役立ちます。また、性欲増大と快感アップのための媚薬としても使われています。


これさえあれば、いつも性欲旺盛、快感アップということになります。使用上の注意として、血流改善剤を服用している人は使うことができません。適応年齢としては40歳前後からということになっています。